できれば壁が厚い部屋の方がいいかも

一人暮らしをしている人だと隣人が静かかどうかで健康的に過ごしていくことができるか決定されるところがありますが、頻繁にライブチャットで放送するなら音量に気を付けましょう。
特にオナニーをするというのならば、視聴者にも伝わるように大きな声で喘ぐような時もありますし、近所迷惑になってしまったら大家さんから怒られることにもなってしまうかもしれません。

時間帯は大事だけど

週末の夜中ということになると翌日が休みということで、放送にもたくさんの男性がアクセスしてくれることも予想されますが、あまりにも大きな声を出さないようにしましょう。
良いところに住んでいるというのならば、特に音漏れの心配はないかもしれませんが、壁が薄い部屋で暮らしているというのならば、突然怒鳴り込まれることもあるかもしれません。
ライブチャットが原因でトラブルになってしまったら、夜ごとにエッチな声を出しているということが周囲の住民にも知れ渡ってしまって、暮らしにくくなることは間違いないでしょう。
サービス精神が旺盛な人だとちょっと頑張りすぎてしまうこともあるかもしれませんが、きちんと節度を弁えた行為をしていくことも長続きさせる秘訣になってくると言うことができます。

実家の場合は

多少小さな声にしているとしても毎日のように繰り返してしまっていると同居している家族に良からぬことをしていると勘づかれてしまうこともあるので、タイミングを伺っていきましょう。
お金があまりない時には集中して放送をしていきたくなってしまうかもしれませんが、親に叱責されてしまったら辞めざるを得ない状況にもなってしまいますし、我慢も必要になります。
学生ならば誰も家にいない時間を見計らって行うことができるのならば、それに越したことはないのであまり大胆にライブチャットをしていくことは控えてみた方がいいかもしれません。

関連する記事